給湯器レンタルサービスおすすめ8選!緊急時に貸出があるのはここ

給湯器レンタル

給湯器が故障したとき、すぐに交換できない場合はレンタルすることも1つの方法です。給湯器が故障するとお湯が使えないため、お風呂やシャワーが使えず生活にも支障が出ることでしょう。

この記事では、緊急時に使えるおすすめの給湯器のレンタルサービスを紹介しています。リースとの違いやレンタル料金についても併せてまとめているので、給湯器を設置してから数年以上経過している方は、ぜひ目を通してくださいね。

目次

給湯器のレンタルは緊急時に利用できるサービス

給湯器のレンタルは、給湯器が故障したときや交換する商品が入荷待ちのときに利用できるサービスです。

また、自宅の建替えなど短期的な利用もできるので、急場をしのぎたいときにも役立つサービスです。

給湯器をレンタルする業者の選び方

給湯器をレンタルする際は、レンタルする業者選びが重要です。はじめに、給湯器のレンタル業者の選び方のポイントから見ていきましょう。

レンタル条件を確認すること

給湯器をレンタルする際は、レンタル条件を確認することが大切です。

給湯設備がある建物や交換商品の入荷待ち、後々給湯器を交換することが条件などいくつか種類があるので、必ずチェックするようにしましょう。

また、レンタル期間や契約金、設置工事費用など費用面も確認しておくことをおすすめします。

設置箇所に適した給湯器があるか

給湯器は設置スペースが必要なため、レンタルする給湯器に適した設置スペースがあるか確認しておきましょう。

万が一、レンタルする機器に適したスペースがない場合はレンタルできない可能性や、給湯のみ(追い炊き機能なし)などの機器を設置するなど、希望に添えないこともあるからです。

レンタル料金はいくらか

レンタル料金は、日額なのか月額なのか、一定期間の定額なのかなど、レンタル料金も確認しておきたい大事な部分です。

1週間だけ借りたい、交換商品が入荷するまでなど短期間に対応しているかも併せて確認しておくと無駄なく利用できるでしょう。

例えば、1日あたりの日割りでレンタルできる場合は日額300円台からレンタル可能な業者もいれば、6ヵ月間の期間のしばりがある業者もあります。

また、レンタル時の料金総額には契約金や設置工事費用が含まれる場合や、出張費や運搬費が含まれるケースもあり、そういった細かい費用についても事前に確認しておきましょう。

中途解約による手数料(違約金)は発生するか

レンタル期間が長期的な業者の場合は、中途解約手数料がかかるケースがあります。もしも、短期利用したい場合は長期契約ではない業者を選ぶとともに、事前に中途解約違約金の有無も確認しておきましょう。

レンタル対応エリア内か

給湯器のレンタルは対応エリアを限定していることが良くあります。例えば、関東圏がエリアになっていたとしても一部地域を除く場合もあり、対応エリアも事前に確認しておくようにしましょう。

設置にかかる時間など

レンタル給湯器は各業者が取り付けるため、その作業時間や取り付け当日までの期間も重要なポイントです。

すぐにでも借りたいのに取り付けまで1週間以上かかる場合、その間の入浴やシャワーが使えない状態になってしまいます。

また、数日程度で取り付けてもらえる場合でも、作業時間がどれくらいで作業後すぐにお湯を使えるのかも確認しておきましょう。

給湯器レンタル(貸出)サービスのある業者おすすめ8選!

キンライサー

キンライサーは、給湯器の交換商品の入荷待ちの方を対象に、代替機のレンタルサービスを提供している会社です。

代替機は給湯器濃のみ、追い炊き機能は付帯していませんが、レンタルは1日単位で可能、レンタル期間が30日以上となると30日あたり10,000円と200円ではありますが割引が適用されます。

また、契約時は150日分のレンタル料の前払いに加え、契約一時金と設置工事費用がかかるので、契約時は合計で85,000円となります。

レンタル(貸出)条件キンライサーから給湯器を購入した方で、当該給湯器の入荷待ちの方が対象
レンタル料金85,000円…340円/1日(30日以上で30日あたり10,000円×150日分)
料金に含まれる内容契約一時金20,000円、設置工事費用15,000円
中途解約手数料-(契約一時金の返却はなし)
対応エリア北海道~福岡
公式サイトキンライサー

給湯器交換net.119番 レンタル給湯器

給湯器交換net.119番 レンタル給湯器は、給湯器濃のみ・追い炊き機能付の給湯器レンタルができる会社で、そのほかに小型湯沸かし器や各種コンロのレンタルが可能です。

建替えやイベント施設での利用に最適で契約期間は6ヵ月となっています。詳しいレンタル条件やレンタル料金、中途解約違約金については要問合せとなります。

対応エリアが一部を除く関東に限定されているので、対応エリアかどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

レンタル(貸出)条件
レンタル料金給湯専用機器37,000円/6ヵ月
給湯器追い炊き付き47,000円/6ヵ月
料金に含まれる内容取付・レンタル費用
中途解約手数料
対応エリア横浜市/川崎市/東京23区
公式サイト給湯器交換net.119番 レンタル給湯器

ガススペック

ガススペックは、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城エリアを対象に仮説・レンタル給湯器を提供している会社です。

レンタル料金や貸し出し条件は見積もりにより決まるため公開されていませんが、常時工事スタッフが仮説給湯器を準備しているので迅速な対応が期待できます。

また、工事時間はおおむね1時間程度、最長で1ヵ月の貸し出しが可能となっています。短期的な利用や代替品が届くまでの利用に最適な業者です。

レンタル(貸出)条件
レンタル料金要見積り
料金に含まれる内容
中途解約手数料
対応エリア東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城
公式サイトガススペック

ミライズ

ミライズは、ミライズで給湯器の交換工事を行う方を対象に給湯器レンタルを提供する会社です。

レンタルできる給湯器は給湯専用機のみ、追い炊きやお湯張りには利用できませんが、レンタル期間に関わらず35,000円で借りられることが強みです。

具体的な設置までの期間は要問合せとなり、給湯器の交換工事をキャンセルした場合は契約保証金の返却はないので、その点は注意が必要でしょう。

レンタル(貸出)条件給湯専用機・リモコンなし・ミライズで給湯器交換を行う方が対象
レンタル料金35,000円+20,000円(契約保証金)
料金に含まれる内容取付費
中途解約手数料
対応エリア東京/神奈川/千葉/埼玉/茨城
大阪/京都/兵庫
公式サイトミライズ

ライフアップテクニカル

ライフアップテクニカルは、ガス給湯器の成約の方で代替機入荷待ちの方を対象に無料でガス給湯器のレンタルサービスを提供する会社です。

工事時間は平均2時間、急な故障時にも即日対応してくれることが特徴です。対応エリアが大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫と限定されているので、事前にお住まいの地域が対象かどうか確認しておくと良いでしょう。

レンタル(貸出)条件成約の方限定
レンタル料金無料
料金に含まれる内容ガス給湯器の貸出器の設置
ノーリツ製エコジョーズの設置
中途解約手数料
対応エリア大阪/京都/奈良/滋賀/兵庫
公式サイトライフアップテクニカル

トーセキ

トーセキは、トーセキに給湯器交換を依頼できる方を対象に、無料で代替機のレンタルサービスを提供しています。

契約金や中途解約違約金など詳しい内容は問い合わせが必要ですが、電話・メール・専用フォームから問い合わせが可能なほか、専用フォームからは現状の写真を送って見積もりを出してもらえることが特徴です。

また、最短30分で現場に駆け付けるスピード感ある対応も魅力と言えるでしょう。

レンタル(貸出)条件トーセキに給湯器交換を注文できる方限定
レンタル料金無料
料金に含まれる内容
中途解約手数料給湯器交換を注文しない場合は有料
対応エリア東京(一部を除く)
公式サイトトーセキ

交換できるくん

交換できるくんは、給湯器の故障時に専門スタッフがすばやく状況把握して、豊富な在庫の中から適切な給湯器をレンタルできる会社です。

設置するのは小型給湯器が中心となり、自動お湯張りや追い炊きは使用できないものの、故障時にすぐにお湯を使える状態にしてくれるところが魅力です。

具体的な料金は見積もりにより決まり、追加料金なしの明瞭会計と安心して依頼することができるでしょう。

レンタル(貸出)条件
レンタル料金要見積り
料金に含まれる内容出張費/運搬費/既存機器撤去
取付工事/商品&工事保証など
中途解約手数料
対応エリア北海道~福岡
公式サイト交換できるくん

株式会社モアープランニング

株式会社モアープランニングは、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪(一部を除く)エリアを対象に、給湯器交換工事ができる方に限定して給湯器レンタルサービスを提供しています。

1.5ヵ月22,000円から利用でき、料金に含まれる内容や中途解約手数料などは問い合わせが必要です。

なお、現在は仮設用給湯器の在庫切れのため休止しています。

レンタル(貸出)条件株式会社モアープランニングで給湯器交換工事ができる方限定
レンタル料金22,000円/1.5ヵ月
料金に含まれる内容
中途解約手数料
対応エリア東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪(一部を除く)
公式サイト株式会社モアープランニング

給湯器はレンタルとリースの違い。どっちいいの?

給湯器をレンタルする場合、リースとどっちがいいのか気になる方もいることでしょう。

まず、レンタルは短期的な利用でレンタル会社保有の在庫から借りることが特徴で、中途解約でき、料金が一定なことが挙げられます。

リースは長期的な利用とユーザーが指定した商品をリース会社が新規購入しユーザーが利用することが特徴で、中途解約は不可、料金は物件価格×リース料率で決まることが異なります。

給湯器の場合はレンタルとリース、どちらが良いのか見ていきましょう。

給湯器のリースはガス会社が安心!

給湯器は日常生活の中で長期的な利用が一般的なため、リースの方が良い印象があります。

ですが、マイホームで利用する際には故障時の一時的な利用もあり、用途に合わせてレンタルとリースを選ぶ必要があります。

もしも、マイホームではない場合はリースの利用も検討すると良いでしょう。ガス給湯器をリースする際のおすすめ業者を紹介するので、リースを検討する際の参考にしてくださいね。

東京ガス まるっと安心リース

東京ガス まるっと安心リースは、給湯器をはじめ住宅設備機器を扱うリースサービスです。

原則として中途解約はできませんが、やむを得ない事情により解約したいときは規定の上率をかけた解約清算金を支払うことで中途解約が可能です。

契約に修理サービスを付帯した場合、リース期間中の修理は自己負担なしで修理できるのもおすすめポイントと言えるでしょう。

大阪ガス らく得リース

大阪ガス らく得リースは、ガス給湯器やエアコン、蓄電池などをはじめとする住宅家電を扱うリースサービスです。

最新機種を手軽に使用できるほか、リース料金に標準取り付け費が含まれており、さらに修理の際も自己負担がないことが特徴です。

一例として給湯暖房機(エコジョーズ)の場合、月々2,798円から利用可能、短期間のレンタル料金に比べると長期的に利用しやすい価格設定となっています。

給湯器レンタルのメリット・デメリット!

給湯器レンタルは急な故障の際にも利用できるなど便利なサービスというイメージですが、実際はデメリットもあります。

ここでは、給湯器レンタルのメリットとデメリットを紹介するので、今後のためにも目を通してみてくださいね。

メリット

・急な給湯器の故障の際に利用できる
・比較的短期の利用が可能
・中途解約できる

給湯器レンタルは、急な故障の際にスピーディーな代替機を用意できるほか、交換する給湯器が入荷待ちの際にも設置することができます。

また、比較的短期的な利用に向いているため、家の建替えなどのときにも利用しやすいでしょう。

交換器機が入荷してレンタル契約を中途解約できることも、メリットの1つです。

デメリット

・契約時の料金が高い
・給湯機能のみの場合が多い
・業者で給湯器交換を行うか成約する方限定など、条件が付く
・エリア限定なことが多い

給湯器レンタルのデメリットとして、契約時に契約金や設置取り付け工事代金など初期費用がかさむことが挙げられます。

中には、半年分のレンタル料金を契約時に一括入金しなければならない業者もあり、初期費用が膨らみやすい点がデメリットです。

また、レンタルできる給湯器は給湯機能のみで追い炊きや自動のお湯張りができないことも多く、交換機種が入荷するまでは若干の不便を感じる可能性があるでしょう。

なお、契約できるのはその業者に給湯器交換を依頼した人や新しい給湯器を購入した人など、若干の限定条件が付帯することがほとんどです。

加えて、対応エリアが限定されていることや、県内全域ではなく一部地域を除く場合も良くあります。

こうした条件をクリアしないとなかなか借りられないことはデメリットでしょう。

まとめ

今回は、給湯器レンタルサービスができるおすすめの業者について紹介しました。

急に給湯器が故障したときや、建替えなどで新しく給湯器を設置するまでの期間に利用しやすいサービスが揃っており、いざというときに頼れる味方となる業者が多くありました。

若干、条件が付帯する点や初期費用が高い面はあるものの、日常生活に支障をきたさずに済むことは何よりもありがたいサービスです。

給湯器を設置してから数年以上経つ方や、そろそろ買い替えだと思っている方は、こうした給湯器レンタルサービスについてもチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次