環境省委託温暖化防止モデル推進事業
事業のすべては無事終了しました。皆様のご支援とご協力ありがとうございました。
報告書の概要は、「全国地球温暖化防止活動推進センター」のホームページ、
http://www.jccca.org/content/view/1651/894/ でご覧ください。 

『地球に優しい住まいづくり』の取り組み
地球温暖化防止は国民全体が取組むべき課題ですが、なかなか進んでいないのが現状です。
環境省では地球温暖化防止・CO2削減を、需要者(消費者・施主)と供給者(メーカー・工務店等)が協同して、他の地域のモデルとなる成功事例を創り出すため「平成18年度主体間連携モデル推進事業」の提案を募集しました。
SJFは、この事業「くらしの省エネ(省エネ住宅)普及啓発モデル事業」の企画書を作成し提案したところ採択(指定)されました。この『省エネ住宅普及啓発事業』は、全国で11団体のみが指定されたものです。
SJFの提案企画の概要は下図の通りですが、首都圏で指定されたのはSJFの1団体のみです。
1.東京・埼玉・神奈川・千葉の各地域で、住宅に関する地球温暖化防止のイベントを実行しました。
2.図・写真を使った分りやすい解説ページ「図解:省エネと快適な住まいとは」をご覧下さい。
3.省エネ住宅についての質問・相談は「Q&A質問コーナー」へどうぞ。