消費者住宅フォーラムの略称はSJF です      

● 住宅省エネ1: 快適で省エネな住まい

(102) 快適で省エネな住まいとは
快適な住まいの条件は、(1)冬に暖気が逃げず、冷気が入らない。室温が(部屋間・部屋内)ほぼ均一。(2)夏に熱気が入らず、涼しく快適。小型のエアコンでも良く効く。適切な換気を行なうことで湿気がこもらずカビが生えにくい。などです。
快適で省エネな住まいとは、断熱・気密・換気の三位一体で最大の効果を出せるものです。
快適で省エネな住まいの特徴は、(1)快適さ (2)使用エネルギー (3)健康的 (4)耐久性の各条件が満たされるものです。この条件を実現するための基準が、「次世代省エネ基準」です。この基準には1.断熱性能、2.日射遮へい性能、3.器持つ性能、4.換気性能が定められています。
快適感のポイントは、人体と環境のやり取りには、空気が体に接して熱をやり取りする「対流」のほかに、暖炉や日射の暖かさような「赤外線の放射」や、気流により皮膚表面の湿気が蒸発して熱を奪う「気化熱」などがあります。


出典:図1 省エネルギーセンター「かしこい住まい方ガイドU」より