● 省エネ6:生活      


セーターは2℃の暖かさ効果があります
暖房するときに暖めすぎは禁物です。設定温度を1℃低くすると約10%の省エネになるといわれています。寒く感じないように1枚着るものを増やし、設定温度を下げてみましょう。 例えば、長袖シャツとズボンのスタイルで快適な室温は、22℃(相対湿度40〜60%)前後ですが、長袖セーターを1枚着ると、室温が20℃でも同じ快適性を維持できます。 つまり、快適性を犠牲にしないで、セーター1枚で2℃暖房設定温度を下げることが出来ます。
  ( 財団法人/省エネルギーセンター「かしこい住まい方ガイド」より )